ボリンジャーバンドって何?見方や使い方を解説!

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

今回はボリンジャーバンドについて解説します!

ボリンジャーバンドと言うテクニカル指標はご存知ですか?

ボリンジャーバンドを使うことによって、今の相場がレンジなのか、トレンドなのかを判断しやすくなります

相場の状況が分かることによって、状況にあった手法で投資ができますので、とても便利なテクニカル指標の一つなんです。

ボリンジャーバンドって何?

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/2bef07a3697b0c7c1e7c71098e7281fc-e1552387648926.png
ぴょん子

かれん先生、ボリンジャーバンドってどんなテクニカル指標なのですか?

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

ボリンジャーバンドは、相場がトレンドなのか、レンジなのかを視覚的に判断できる、とても便利なテクニカル指標なんです。

早速、ボリンジャーバンドを紹介しましょう。

こちらの画像がボリンジャーバンドです。

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/2bef07a3697b0c7c1e7c71098e7281fc-e1552387648926.png
ぴょん子

うわー、線がいっぱい!

この画像では、中心の白い線が単純移動平均線と言います。

その単純移動平均線の上下に3本の線がバンドと言い、移動平均線に1番近いものから1シグマ2シグマ3シグマと言います

上の画像では、中心の白い線が単純移動平均線、緑色の線が1シグマ、黄色の線が 2シグマ、赤色の線が 3シグマです。

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

ボリンジャーバンドは、米国投資家のジョン・ボリンジャーという方が考案したテクニカル指標なんです。

ボリンジャーバンドは、指定した期間の相場の揺れ幅を視覚化したものです。

相場の揺れ幅を視覚化したことによって、相場がトレンドなのかレンジなのかを見ただけで判断しやすくなるとても便利なテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドの見方

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

ボリンジャーバンドの見方を説明して行きますね。

ボリンジャーバンドの各シグマについて

ボリンジャーバンドには、ロウソク足がそれぞれのシグマの内側に収まる確率があるんです。

  • 1シグマに収まる確率は約68%
  • 2シグマに収まる確率は約95%
  • 3シグマに収まる確率は約99%

この確率のため、逆張りに向いていると考える方も多いのですが、ボリンジャーバンドは相場の強弱を見るためのテクニカル指標であって、ボリンジャーバンドだけで逆張りをするのは大変危険です!

なぜ危険なのかと言うと、ボリンジャーバンドには「形」があるからです。

ボリンジャーバンドの形を知る事で、逆張りトレードにボリンジャーバンドを用いる事が危険だと言うことが分かると思います。

ボリンジャーバンドの形について

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

ボリンジャーバンドの形について説明していきますね。

チャートでは、大きく分けて2つの種類があります。

それは、トレンドとレンジです。

トレンドの時とレンジの時のボリンジャーバンドについて説明して行きますね。

トレンド

トレンドが発生すると、ボリンジャーバンドは上下に開き、トレンドが終了すると、ボリンジャーバンドは収縮してきます。

こちらの画像が、上昇トレンドの時のボリンジャーバンドです。

赤く囲った部分が上昇トレンドです。

上昇トレンドの場合、以下の流れでボリンジャーバンドは形が作られていきます。

  1. 各バンドが上下に広がる
  2. 広がっていた下側のバンドが上向きになる
  3. 上側のバンドが下向きになる
  4. 各バンドが収縮する

上下のバンドが収縮すると、トレンドが終了したと判断する事が出来ます。

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/2bef07a3697b0c7c1e7c71098e7281fc-e1552387648926.png
ぴょん子

下降トレンドの場合は?

下降トレンドの場合も見てみましょう。

赤く囲った部分が下降トレンドです。

ボリンジャーバンドの形の作られ方を見てみましょう。

  1. 各バンドが上下に広がる
  2. 広がっていた上側のバンドが下向きになる
  3. 下側のバンドが上向きになる
  4. 各バンドが収縮する

この様に、上昇トレンドと下降トレンドは逆向きになります。

上昇トレンドも、下降トレンドも始まる時は各バンドが大きく開きます。

この事をエクスパンションといいます。

トレンドが弱い場合には各バンドが開かずトレンド方向に緩やかに進んでいきます

逆に強いトレンドの場合は、 2シグマや 3シグマにロウソク足が絡みながら進んでいきます。

赤く囲った部分は、ロウソク足が 2シグマ、 3シグマに絡んだままトレンドが進んでいます。

ロウソク足が2シグマ、3シグマに絡んで進む事をバンドウォークといい、トレンドが強い時に見られます。

ここでおさらいですが、ロウソク足が 2シグマ内に収まる確率は約95%、 3シグマに収まる確率は99%でした。

しかし、バンドウォーク時は 2シグマを超えてトレンドが進んで行きます。

より強い場合には、3シグマも超えてトレンドが進みます。

バンドウォーク時には2シグマや3シグマにロウソク足が触れたから逆張だ!という手法はとっても危険です!

ボリンジャーバンドは、逆張り用のテクニカル指標ではなく、あくまで相場の揺れ幅を視覚化したテクニカル指標なので、今の相場がどういった状態かを見るためのものなんです。

レンジ

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/2bef07a3697b0c7c1e7c71098e7281fc-e1552387648926.png
ぴょん子

レンジの時はどんな感じになるの?

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

レンジの時は各バンドが横向きになります。

レンジの時のボリンジャーバンドを見てみましょう。

赤く囲った部分がレンジの状態です。

レンジでは、一定の幅でロウソク足が上下に行ったり来たりしている状態です。

一定の幅で上下に行ったり来たりしているという事は、値動きの幅も一定になるため、ボリンジャーバンドは横向きに推移していきます。

また、レンジ時のバンド幅が収縮している状態をスクイーズと言います。

レンジ時はトレンド時に比べると、2シグマや3シグマ内にロウソク足が収まる確率が高くなる為、逆張りのポイントにもなります。

あまり知られていないボリンジャーバンドの秘密

実は、ボリンジャーバンドにはあまり知られていない秘密があるんです。

それがこちらです!

この3つのチャートには共通点があります。

それは、ボリンジャーバンドがキュッと狭まっている部分です。

ボリンジャーバンドが突然キュッと狭まった後には、トレンドが始まりやすいという特徴があるんです。

トレードの最中にボリンジャーバンドが狭まった時には、トレンドに入る可能性があるので注意しましょう。

まとめ

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/03/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4-e1552387634865.png
講師かれん

ボリンジャーバンドの特徴をしっかりと理解して、トレードを有利に進めましょう。

それでは、復習しましょう。

ボリンジャーバンドは、中心に単純移動平均線があり、その上下に3本づつ1シグマ、2シグマ、3シグマのバンドで構成されています。

そして、ロウソク足が1シグマ内に収まる確率が68%、2シグマ内に収まる確率は95%、3シグマ内に収まる確率は99%でしたね。

ボリンジャーバンドの形を見る事で、相場がトレンドなのかレンジなのかを判断する事ができる事を学びました。

ボリンジャーバンドはとてもメジャーなテクニカル指標で、使っている人が多くいます。

でも、多くの人が知らない秘密を一つお伝えさせて頂きました。

ボリンジャーバンドを上手く活用して、勝率を上げてくださいね。

最新情報をチェックしよう!
>投資一年生のための講座

投資一年生のための講座

人生100年時代と言われている現代社会で、 賢く生きるための「お金・仕事・人間関係・自分自身」の 4ストレスをテーマに、お届けしております。