バイナリーオプションで勝てる通貨ペアはどれ?通貨ペアと時間帯の関係

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/07/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4.png
講師かれん

勝率を上げるためには通貨ペアの選択も大切です!

手法を学んだのになかなか勝てなくて悩んでる方も多いと思います。

勝率が上がらない原因の一つに通貨ペアの選択ミスがあるのを知っていますか?

また、時間帯によって勝率を上げやすい通貨ペアと負けやすい通貨ペアがあることを知っていますか?

今回は、通貨ペアと時間帯についてお話ししていきます。

勝率を上げるための通貨ペア選びについて

バイナリーオプションでは多数の通貨ペアから選択してエントリーすることが可能です。

ハイローオーストラリアの場合は17の通貨ペアが用意されています。

17ある通貨ペアですが、それぞれ値動きの癖があります。

例えば、GBP/JPYやEUR/GBP、GBP/USDなどのGBP絡みの通貨やCHF/JPYやUSD/CHFなどのCHF絡みの通貨では取引量が少ないため、短時間で大きな値動きをする傾向があります。

また、これらの通貨ではテクニカルを無視した値動きをする傾向も多いのが特徴です。

逆にUSD/JPYやEUR/JPY、EUR/USDなどの取引量の多いメジャーな通貨は短時間で大きく動きにくく、テクニカルに反応しやすい傾向があります。

勝率が安定しない方はUSD/JPYやEUR/JPY、EUR/USDなどのメジャー通貨で取引をしてみることをお勧めします

時間帯による通貨ペアの選び方

時間帯によっても通貨ペアの値動きが変化してきます

9時から17時

日本時間の9時から17時ごろまでは日本市場のオープン時間です。

この時間帯は、USD/JPYやEUR/JPYといったJPY絡みの通貨の取引量が増えるので、テクニカル通りに反応しやすくなります。

なので、9時から17時ごろまではUSD/JPYやEUR/JPYがお勧めです。

17時以降

17時ごろになると日本市場が終わりロンドン市場がオープンします。

すると、JPY絡みの通貨ペアは取引量が減ってくるため、値動きが激しくなりテクニカル通りに動かない傾向になってきます。

逆に17時以降はEUR/USDの取引量が増えてきてテクニカルどおりに反応する傾向が出てくるのでお勧めです。

おさらい

https://lifestyle-designer01.com/wp-content/uploads/2019/07/7d20bea192ef74a8297a66301538a6b4.png
講師かれん

勝率が安定しない方はメジャーな通貨ペアでエントリーしてみてください♪

勝率が安定しないかたはメジャーな通貨ペアでエントリーをする様に心がけるだけで勝率が安定してきます。

また、それぞれの通貨ペアの取引量が多い時間帯にエントリーすることで、より勝率を安定させることが可能です。

9時から17時の間はUSD/JPYとEUR/JPYが、17時以降はEUR/USEが取引量も増えテクニカルに反応しやすくなる傾向にあります

最新情報をチェックしよう!
>投資一年生のための講座

投資一年生のための講座

人生100年時代と言われている現代社会で、 賢く生きるための「お金・仕事・人間関係・自分自身」の 4ストレスをテーマに、お届けしております。